人と社会に、FINEの創造。
グリシン百科
グリシンとその用途
グリシンとアミノ酸
食品とグリシンの関係って
医療とグリシンの関係
工業とグリシンの関係
グリシンの多彩な作用
グリシンの性質
静菌作用
調味・呈味・矯味作用
理化学的作用
生化学的作用
グリシンの関連情報
受託製造のご案内
カスタムプロダクションのご案内
資材調達のご案内
粉砕設備のご案内
TOP > グリシン百科
グリシン百科
グリシンとは
グリシンはタンパク質を作るアミノ酸の一種です。アミノ酸の中で一番小さく単純な構造をしています。
動物の体内や植物中にもある、安全性の高い物質であることから、様々な用途で使用されています。
日常で「グリシン」という言葉を目にするのは食品の原材料表示だと思いますが、グリシンは多種多様な機能を持ち、食品だけでなくサプリメントや医薬品など、身の回りにある多くの商品に用いられています。
意外なところでは、電子材料の分野にも利用されています。
グリシンはアミノ酸の1種類です。アミノ酸とグリシンの関係についてご説明します。
 
ページTOP
グリシンの用途を紹介
グリシンの用途
グリシンは私たちの生活に必須な物質として広く使われています。
グリシンと食品の関係 グリシンと医療の関係 グリシンと工業の関係
ページTOP
グリシンの作用とそのメカニズムを解説
グリシンの用途
グリシンが広い分野で使われるのは様々な機能があるからです。
グリシンの性質 静菌作用 調味、呈味、矯味作用 理化学的作用
ページTOP
サイトマップ プライバシーポリシー
Copyright(c) 2006 YUKI GOSEI KOGYO CO.,LTD. All Rights Reserved.