人と社会に、FINEの創造。
グリシン百科
グリシンとその用途
グリシンとアミノ酸
食品とグリシンの関係って
医療とグリシンの関係
工業とグリシンの関係
グリシンの作用とメカニズム
グリシンの性質
静菌作用
調味・呈味・矯味作用
理化学的作用
生化学的作用
グリシンの関連情報
受託製造のご案内
カスタムプロダクションのご案内
資材調達のご案内
粉砕設備のご案内
TOP > グリシン百科? > 医療用途
グリシンの医療用途
輸液
点滴による栄養補給
グリシンは、アミノ酸としてタンパク質の構成成分であるだけではなく、多くの生理活性物質の生合成に必要な栄養素です。
経口的に栄養を摂取できない場合にエネルギー及びアミノ酸等の栄養素を補給する目的で使用される栄養輸液製剤(アミノ酸輸液や高カロリー輸液)に使われています。
ページTOP
制酸効果
胃酸を抑える働き
グリシンはアミノ基とカルボキシル基を持つ両性化合物で胃液に対する緩衝作用があります。
このため、炭酸カルシウムや水酸化マグネシウムと組み合わせて胃酸を抑える副原料として使われています。
弱アルカリ性物質により胃液が中和され、更にグリシンの緩衝作用によって胃酸濃度を適正に維持することができます。
ページTOP
サイトマップ プライバシーポリシー
Copyright(c) 2006 YUKI GOSEI KOGYO CO.,LTD. All Rights Reserved.