人と社会に、FINEの創造。
グリシン百科
グリシンとその作用
グリシンとアミノ酸
食品とグリシンの関係って
医療とグリシンの関係
工業とグリシンの関係
グリシンの作用とメカニズム
グリシンの性質
静菌作用
調味・呈味・矯味作用
理化学的作用
生化学的作用
グリシンの関連情報
受託製造のご案内
カスタムプロダクションのご案内
資材調達のご案内
粉砕設備のご案内
TOP > グリシン百科 >グリシンとアミノ酸
アミノ酸とは
アミノ酸とは
アミノ酸とは、アミノ基(-NH2)とカルボキシル基(-COOH)の両方をもつ有機化合物(分子)で、タンパク質を構成する最小単位の成分です。

タンパク質は、炭水化物、脂質とともに3大栄養素のひとつであり、地球上のすべての生命体(動植物、微生物)の根源となっています。 人間の体は、約60%が水分で、約20%がタンパク質で構成されており、タンパク質は、筋肉や皮膚、内臓など体のあらゆる組織を作っていますが、この元となっている成分がアミノ酸です。

アミノ酸は数百種類ありますが、そのうち人体を作るタンパク質に利用されるアミノ酸は20種類にすぎません。 この20種類のうち、人間の体内で合成できないアミノ酸は9種類で、必須アミノ酸と呼んでいます。必須アミノ酸は食品やサプリメントから摂ることが不可欠となります。 残りの11種類のアミノ酸は、体内で合成することができるので非必須アミノ酸と呼ばれています。
■アミノ酸の種類
タンパク質を構成するアミノ酸 タンパク質を構成しないアミノ酸
(生理活性物質などになる)
必須アミノ酸 非必須アミノ酸
パリン
ロイシン アラニン GABA
イソロイシン セリン オルニチン
トレオニン システイン シトルリン
メチオニン アスパラギン  
フェニルアラニン グルタミン  
トリプトファン グルタミン酸  
リジン アスパラギン酸  
ヒスチジン プロリン  
  チロシン  
  アルギニン  
アミノ酸はタンパク質を構成する成分としての働き以外にも、様々な作用があります。その特性を活かして私たちの生活の中で幅広い用途に使われています。
ページTOP
グリシンとは
グリシンはアミノ酸の一種でアミノ酸の中では最も簡単な構造をしています。

グリシンは人間の体内で作ることのできる非必須アミノ酸に分類され、色々な体の働きに関与してます。特に血液の酸素運搬機能に関係するポルフィリンや筋肉運動に必要なクレアチン、抗酸化物質のグルタチオンや核酸のプリン体を作る物質として知られています。
グリシンは多くの動物性タンパク質に存在し、特にゼラチン・エラスチンなどに多量に含まれています。食品では、ホタテやエビ、カニなどのほか、牛肉・豚肉・鶏肉などの肉類に多く含まれています。

グリシンは単純な構造ですがその働きはとても幅広く、また、水に溶けやすいという性質もあり様々な用途で使用されています。 例えば、グリシンの特徴として匂いがほとんどなく甘みがあることや、静菌作用があることなどから調味料や日持ち向上剤として惣菜,菓子など多くの食品の使われています。
食品用途以外にも、医薬品用途では輸液の成分のひとつとして用いられています。更に、体内での神経伝達物質でもあり、安眠や疲労回復用のサプリメントとしても使われています。 皮膚のNMF(Natural Moisturizing Factor:天然保湿因子)の成分であることから化粧品類へも使用されています。
その他、キレート作用、緩衝作用などを活用して工業薬品としての用途にも使われています。
ページTOP
サイトマップ プライバシーポリシー
Copyright(c) 2006 YUKI GOSEI KOGYO CO.,LTD. All Rights Reserved.