有機合成薬品工業株式会社有機合成薬品工業株式会社

グリシンって何?みんなのギモンに答える - グリシン百科

3

こんなところにもグリシン

たべもの・のみもの

グリシンは水に溶けやすい特徴があり、匂いが少なく甘みがあること、菌をおさえる静菌作用が優れていることなどから、私たちの身近な食品に多く使われています。

調味料として

・甘みと旨み
グリシンは、自然な甘味とまろやかな旨味をもっており、甘味度は砂糖の約70%です。
核酸系調味料やグルタミン酸ナトリウムなどの呈味物質✳との相乗効果により旨味が一層増強されます。

・味を和らげる
食品の塩味・酸味を和らげる塩なれ、酢なれ効果があります。また苦味も和らげます。

日持ちを良くするものとして(日持向上剤)

グリシンは、多くのアミノ酸の中でも、菌の活動をおさえる静菌作用を持つ数少ない物質です。
特に耐熱性芽胞菌に対して静菌効果があり、数多くの食品で日持ち向上効果が認められます。

着色料と香料

グリシンは還元糖と反応して褐色物質(メイラード化物)を形成します。
焼菓子、醤油、焼豚等の食品の着香と着色剤として広く使用されています。

ミネラル吸収促進

グリシンは、キレート作用により鉄分など不足しがちなミネラルの溶解性を向上させ、吸収を促進します。

サプリメント

グリシンは、コラーゲンのようなタンパク質、グルタチオンのようなペプチドなど、身体を作り、体調を整えるのに必要な、さまざまな物質の材料になります。
ほかのアミノ酸やビタミン、ミネラルなどと同じく、栄養補給を目的として多くのサプリメントに配合されています。

お客様の多様なニーズにお応えします

その他コンテンツ